こんにちは。
今日は、最近あったビジネスでの気づきをシェアしたいと思います。

普通に聞くと「何がおかしいの?」と思うのですが、みなさんはいかがでしょうか?・・・・

とある日に、32歳の夫婦が当社の三軒茶屋オフィスに無料相談で訪ねて来ました。話を聞いてみると、「新築の家が欲しい」のでいろいろ相談にのって欲しいとのことでした。旦那様は大手製造会社のサラリーマンでまじめそうな人でした。奥様は会社を辞め専業主婦になり、背が高く綺麗な方でしっかりとした人でした。

相談に対する回答は、その場の受け答えと具体的なデータを入れた「シュミレーション」作成で大体解決する内容でした。それを説明し、「シュミレーション」の大切さを伝えた後に、ひとつ質問をしてみました。
「どんな家に住みたいのですか?」と。

その質問に対し、その夫婦はこう答えました。
「住宅会社の人には4,000万円くらいの物件と言われました」
「それでいいんですよねぇ」と。

僕は、ちょっと固まりました・・・。なぜでしょうか??
僕は「家が欲しい!」というその夫婦のが、どんななのか聞いたのです。
を聞いたのに、返ってきたのは今現状の限界の枠の話でした。
もちろん「いくらの家なら買えるか」ということを知りたいのは、理解していました。
でも、もしこの夫婦に僕が「家を買うのは厳しいですね〜」とアドバイスなんぞしたら、この夫婦は家を諦めていたでしょう!(本当に心の底から家が欲しかったのだろうか?)

僕は話をする時に、相手の今の現状や過去の出来事で判断して、相手の未来を決め付けてしまうことは絶対にしません。今は今であり、未来はこれからどうにでも創っていけますから。

みなさんは、今の自分に「現実の枠」をあてはめ過ぎて、未来を諦めていませんか?どこか心の中で、自分はこの位の未来だろうと決め付けていませんか?

未来は現在の積み重ねです。1日1日の現在を自分で決めて、納得のいく毎日を過ごしたらどんな未来が待っていますか?
本当はどういう人生を送りたいんですか?

忙しい毎日から少し離れて、「を思い出してみませんか?」


この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
人気blogランキングへ