今日は税理士の仕事の性質についてお話したいと思います。

前回もお話しましたが、税理士の仕事は主に申告書作成・税務相談・会計指導(記帳代行)です。このうち、申告書作成・会計指導(記帳代行)というのは「過去の処理」がメインの仕事です。

会社は日々の活動を簿記をいうものを使って仕訳していき、帳簿をつけていきます。税理士はこの帳簿がちゃんと正しくできているのかを確認します。
そして、その帳簿から決算書というものをつくり、申告書を作り、税務署等に提出します。これらの業務をサポートしてあげるのが税理士です。
どの作業も会社の過去の状況をまとめるようなものなので、税理士は「過去の処理」メインと書きました。そして、その専門家なのです。

そうはいいながらも実際は、コンサルティングという名の経営指導や事業計画のサポートなどもやったりします。つまり、「未来に対する仕事」です。
ただ、僕はここには何個か問題があると思っています。
それは・・・
まず、経営指導や事業計画に関してですが、確かに勤務税理士も税理士でない事務所職員であっても何社かの企業の財務等を見ているため(ひとりひとり担当を振り分けられ、毎月その会社を見ていきます)、経験を通して何かしら指導はできるとは思いますが、実際には経営などしたことはないし、いち給与所得者でしかないので、経営者の視点には決してなれないのです。
その立場のものが、財務状況からの視点だけでアドバイスするのは限界がありました。できることといえば、やはりアドバイスではなく、聞いてあげることくらいでしょう。

また、会社によっては現金をしっかり合わせていないところもあります。そのような財務情報でもそれを元にシミュレーションをして、経営指導や事業計画をします。このような現状のデータに真実性が乏しい情報でも、それを元に未来をシミュレーションするのです。そこに出てくる数字は、社長からみれば全然感覚の違うものが出てきているのです。

ただそれでも、このようなコンピューターが発達した時代において税理士が生き残るには、経営コンサルティングをしなければならないという風潮が非常に強いのです。今までのサービスだけでは、お客さんが満足してくれないからです。

ただ本当にそうなのでしょうか?
中小企業の社長は、経営もしたこともない税理士に経営コンサルティングを求めているのでしょうか?

同業者ながら、今後税理士がどのように変化していくのか、どういうサービスを展開していくのかが楽しみです・・・(笑)

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
ここをクリック!
ついに第8位に急上昇中!すごい!!一気に3位以内を目指します!?