今日は税理士の視点から見て感じていたことをシェアしたいと思います。
それは中小企業オーナー・個人事業主の財務に対する意識の低さです。

税理士は中小企業にとって税務のプロであると同時に、財務を指導し説明するプロでもあります。会社の毎月の損益の状況やキャッシュフローについて説明したりします。
税理士は現状の財務状況を経営者に説明し、今後の事業計画に役立ててもらうために毎月の状況を報告したりするのです。

しかし実際には、このようなことに重きを置いている中小企業オーナー・個人事業主は少ないといえます。それは直接収入とは結びつかない「財務・会計」よりも、直接収入に結びつく「営業」の方で頭がいっぱいだからです。

またもうひとつ興味を持てない大きな問題があります。
それは・・・
それは、「財務・会計」を通して作られる決算書の問題です。
決算書は本来は現状の会社の状況を数字で表しているものですが、実際は領収書の真実性・現金管理のあいまいさ・会計上のルールなどの影響により、かなり真実とは違うものになっている可能性があるのです。

つまり、「財務・会計」を通して作られる決算書は税務署に出すことが前提のもので、実際の会社の状況を表すものとはズレていることが多いのです。
だからそれを元に税理士が一生懸命説明しても経営者は興味を持てないし、またそれを元に作った今後の損益計画を見てもあまり実感がわかない場合も多いのです。

そうは言っても、財務の現状把握ができていない中小企業・個人事業主はこれからの時代を乗り切れるのでしょうか?
何とかやっていくことはできるかもしれませんが、おそらく今の状況とは変わらず、休みもほとんど取れず、朝から晩まで働いてやっとという感じではないでしょうか。

僕は中小企業オーナーや個人事業主に関わらず、すべての人が「お金の流れ」について把握する必要があると考えています。
正しく自分の現状のお金の流れを理解しない限り、これからもずっとお金のために働き続けることになるからです。
今の状況をしっかり把握するからこそ、その資源を使ってどうやって投資していくかを決めることができるのです。

税理士をもっと有効活用してみてはいかがでしょうか?
ただ単に、誰でもできる記帳代行をやらせるのではなく、もっと直接会社や自分にプラスになるようなことに利用した方がいいと思いませんか?
もちろん税理士によってできることは限られます。そして、ここで税理士の限界が出てくるのです。

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
ここをクリック!
現在第10位です!何とか3位以内を目指します!?