僕のブログは、現在何位でしょう?

今日はコーチの役割のつづきについてお話したいと思います。

コーチの役割として、他に「レバレッジ効果」があります。
レバレッジ!?「なんじゃそりゃ」と思われる方もいるでしょう。

レバレッジとは、「てこ」のことです。
重いものを動かす時、そのまま手で動かすよりも、「てこの原理」を利用して道具を使って動かした方が、ちょっとの力で爆発的なパワーを得ることができるのです。
この「てこ」になるのが、コーチという存在です。

では、なぜコーチが「てこ」になるのか、これからお話していきましょう。
人はひとりひとり素晴らしい能力や可能性をもっています。そして、たくさんの影響を及ぼす力をもっています。
しかし、実際にその能力や可能性を開花させ、その能力を最大限に引き伸ばして生きている人は、ほんのわずかな人だと思います。

なぜか?
それは自分が創ってきた「自分だけの世界」にいるからです。
昨日お話した眼鏡の話のように、「自分だけの世界」がすべてになってしまい、それを分かち合い・引き出す機会がないのです。

能力や可能性を開花し、たくさんの影響を及ぼしている人は、ひとりでそれを開花させたのでしょうか?僕はおそらく違うと思います。
もちろん自分で自分を見つめることは必修です。しかし、それだけでは不十分で、誰かがその能力や可能性を開花させる、きっかけのようなものを与えているのだと思います。

イチローにとってはお父さんかもしれないし、奥さんかもしれません。松井にとっては長嶋監督だったのかもしれません。
自分だけで開花させた能力以上の爆発的なものを引き出せたのは、別の視点を与える「てこ」があったからなのです。

こういった意味で、コーチという存在はレバレッジ効果をもたらす可能性があります。ひとりで開発する以上の未知の部分の可能性を引き出し、爆発的なパワーを生み出すのです。

今あなたは、まあまあ幸せだと思っているかも知れません。何も不自由はないかもしれません。
でも、それはあなたの100%ですか?最良のものですか?
あなたにはもっと無限の可能性が眠っていませんか?

コーチはきっと、今以上にもっと魅力的になりたいと思える人にとっては、よき「レバレッジ」になるのだと思います。
そして、それに少しずつ近づいていくのが、「人生なのかなぁ〜」と思う今日この頃です。

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
ここをクリック!