僕のブログは、現在何位でしょう?

今日は、ファイナンシャルプランナーの実情についてお話していきたいと思います。

「ファイナンシャルプランナー」の資格としては、AFP・CFPという資格が一般的です。まず、AFPという資格を取り、その上級資格としてCFPという資格があります。
試験の内容は、金融・保険・ライフプラン&リタイアメント・不動産・税金・相続などです。いわゆる広く浅く勉強するという感じです。

このような勉強をして資格を取るわけですが、ではそもそもファイナンシャルプランナーとは何のプロなんでしょうか?
「金融」なら銀行や証券会社の人がプロだし、「保険」なら保険会社の人がプロだし、税金・相続なら税理士がプロだし、年金なら社会保険労務士がプロなわけです。では、FPは何をするプロなのでしょう?

プロフェッショナルな専門家ではなく、FPに相談する目的は何でしょうか?
無料あるいは安そうだから?財テクを教えてくれそうだから?お手軽そうだから?
プロフェッショナルな専門家とFPとの違いは、昨日お話した包括的なアプローチが取られることです。
ひとつの専門分野からの視点ではなく、幅広い視点からそのお客様にあったプランをバランスよく提案することです。

では、現状よく見かけるFPの人たちはどういう人たちでしょうか?

まずFPといってもいくつかに分けることができます。
独立して中立の立場で実務をやっているFP、企業に属しているFP、FPと名乗っていても何もしていないFP、専門学校でFPの授業をするFP、雑誌のライターとして活躍するFP、セミナーに明け暮れるFPなどなどです。
雑誌やセミナー等でよく見るFPは、実は実務はまったくやったことがないということはよくあります。
現状では、FPを実務としてやっている方は非常に少ないといえます。

また実務をやっているFPのほとんどは、無料相談会という名で、2Hくらいで専門家のように各分野についてコンサルするのを仕事としている人がいます。

ここで思い出してもらいたいことがあります。
昨日お話したFPの特徴のもう1つ「ライフデザインとライフプランが目的」というところです。
このような目的がありながら、2Hの無料相談でコンサルタントのように答えを与えるようなのはFPなのでしょうか?

2H程度ではそのお客様のライフデザインやライフプランを作ることは不可能です。ただ本で調べて、相談内容に答えるのが精一杯でしょう。
これでは、そこら辺の専門家と同じなのです。

このようにファイナンシャルプランナー(FP)とは、僕が学んで感じた仕事とは、現実はかなり違っていたのです。
しかし、これも奇跡的ではありますが、僕が感じたFPをやっている方にめぐり会えたのです!
その方に会ったことで、僕は自分なりのFP像を作り上げていく決心をしたのでした・・・。

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
ここをクリック!