僕のブログは、現在何位でしょう?

今日も「FPと保険見直し」というテーマでお話したいと思います。

まず保険屋さんと独立FPの違いを簡単にお話します。
それは、目的の違いです。

保険屋さんの最終目的は、商品(保険)を売ることです。
これが売れなければ、自分の収入にはまったく結びつきません。
説明したり・雑談に付き合ったり・手土産を持っていったりする時間や労力は、すべてお客様との信用をつくり、最終的に保険を買ってもらうというところがあってこそ成り立つのです。

それでなければ、無料で保険について説明してくれて、あなたの家族のこと考えてファイナンシャルプランを作ってあげることなど、ビジネスとしては出来ません。
保険を売るためにファイナンシャルプランというツールを利用するし、ファイナンシャルプランナーとして名乗るのです。

では、独立FPはどういう目的で保険を扱うのでしょうか?
ここで独立FPと言っているのは、FPでも保険代理店をやっている人たちがいるので、そうではないFPを指すこととします。
独立FPの最終目的は、「お客様の幸せ」です。そのために、プランという商品をお金を取って売ります。ファイナンシャルコーチである僕の最終目的は、「お客様の夢・目的の達成」です。
そして、保険はそれを可能にするための1つのツールに過ぎません。つまり、幸せを達成するために利用する1つの武器なのです。

このように書くと、保険屋さんはまるでお客様の幸せを考えていないように思われるかもしれません。そういうわけではなく、最終的に何を求めているかということなのです。お客様の幸せを考えた場合、保険という商品だけですべてが解決するわけではないし、保険をまったく売らないでお客様の幸せのために時間を使うということは現実的には無理なことだと思います。

独立FPは「保険を売る」という必要はないので、中立の立場で、本当にひとりひとりのお客様の幸せ・考え方を踏まえた「ライフプラン」を基準に、最適な保険を提案するのだと思います。もちろんプランが商品ですから、お金をしっかり取ってです。

保険というのは、よく「家の次に高い買い物」と言われます。そして、将来のための(死亡保険であれば、自分が死んだ後のための)支出でもあります。
あなたの長い人生を考えた上で、今を犠牲にしすぎて(高い保険料を払いすぎて)、将来のために生きているとしたらどうですか?また、今の楽しみだけを考えすぎて(必要なのにまったくに保険に入っていない)、将来をないがしろにしていたらどうなりますか?

保険というのは現在と未来のバランスが重要です。その時にもやはり基準となるのは、ライフプランなのです。

まずは自分の保険の内容を理解し、何の目的でその保険が必要なのかをもう一度考えてみませんか?
そして、外部の客観的な視点として、独立FPにチェックしてもらうのもいいでしょう。きっと、今まで保険屋さんから聞いていたこととはまったく違った、新しい気づきが生まれるはずです。

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
ここをクリック!