今日もクリックで、夢の大切さを伝えよう!順位は?

今日も、「金持ちになるための早見表」のシェアの続きをしたいと思います。
前回は、<投資の手段><投資の対象>のお話しました。
今回も「お金のない大多数の人」「中流の人」「金持ち」の3種類の分類で、さまざまな項目についてのポイントをシェアします。

<効果的だと思っているやり方>
「お金のない大多数の人」・・・うまくいかなくても、とにかくそれをやり続ける
「中流の人」・・・効果のある方法を学び、何が何でもそれを実践する
「金持ち」・・・学び続け、どんどん新しくしていく

この分類はひとつのパラダイム(見方・考え方)であり、教育などの影響が強く出ているように思えます。

「お金のない大多数の人」は、やってもやってもうまくいかないものについても、親や学校やテレビなどで習ったことをとにかくやり続けます。
その理由は、その方法しか知らないことや周りと違ったことをすることができないからです。
時代・環境が変わっているのに、それに対応する生き方・方法は変わっていないと信じており、「自分が変化する」という発想がまったくできないとも言えます。

「中流の人」は、セミナーや学校で効果のある方法・ノウハウを学び、何が何でもそれを実践しようとします。
この場合も、その方法や知っている知識にこだわり過ぎて、変化することを忘れ、時代・環境から取り残されていきます。
これに対し「金持ち」は、時代・環境の変化とともに常にいろいろなことを学び続け、自分自身の考えややり方をどんどん新しいものにしていきます。
過去にすごくうまくいった方法だからといって「それがすべて」と思うのではなく、常に謙虚に新しいことを学び続けるのです。
そして、自分におごることなく、常に自分自身を変化させていくのです。

<時間的な視野>
「お金のない大多数の人」・・・次の給料日
「中流の人」・・・長期
「金持ち」・・・それぞれのゴール・投資に合った時間的視野

「中流の人」は、長期で考えます。
これは、老後などの時点を見ている場合が多いです。
一見良さそうですが、長期で考えるあまり、現在あるいは老後に至るまでのひとつひとつの大切な出来事を、我慢・妥協で迎える場合が多いといえます。

老後の不安のために早い時期からコツコツと貯金をし、その時々の楽しみや経験できることをしないような人生かもしれません。
老後は貯金などの甲斐もあって安心して生きられたとしても、その時々の楽しみなどをまったくせず、我慢や妥協してきた人は、何のために生まれてきたのでしょうか?

これに対し「金持ち」は、それぞれのゴール・投資に合った時間的視野で考えます。
つまり、長期でもしっかりと考えるし、現在あるいは老後に至るまでのひとつひとつの大切な出来事についてもそれに合わせてしっかりと考えます。
ひとつひとつの目的に応じて、幅広い時間的視野で考え、それぞれに合った最善の方法や手段を考えるのです。

今回の<効果的だと思っているやり方><時間的な視野>の「金持ち」のパラダイムをサポートするのが、ある意味「ファイナンシャルコーチング」であり、継続的にサポートする第3者の存在が必要な理由でもあるのです。

みなさんは謙虚に学び続け、どんどん自分自身を新しくしていっていますか?
「今のためだけ」でもない、「老後のためだけ」でもない、バランスの取れた時間的視野で物事を考えていますか?

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
今のランキング順位は?

「夢」を頭の中で描きながらクリックすると、ワクワク度アップ!
いつも読んでくれてありがとう!!