☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

今日、あるフューチャリング会員の方の会社の役員会議に参加させてもらいました。
この会員さんは、この会社の代表取締役の方で、会社の方向性を決める立場の人です。
私は、この方のエグゼクティブコーチとして、この会社・ビジネスを客観的にサポートするような形で関わらせてもらっています。

今まで、ファイナンシャルコーチングのサービスは個人向けのみでした。
個人の会員さんに対し、夢・目的や目標や計画などのライフプランの作成をサポートし、行動を促したり、問題点の解決のサポートをしたりしていました。

今回は会社・ビジネスのテーマを主とし、エグゼクティブコーチングを含めた初の企業向けファイナンシャルコーチングとして、サポートしています。
実際、法人会員というのもあるのですが、今回は特例でこれに近い形のサポートをしているという感じです。

昨年1年間はほとんど展開していなかったのですが、フューチャリングには法人向けのサービスもあります。
企業向けファイナンシャルコーチングは、個人と違い、会社の経営理念・経営方針の作成や事業計画・資金繰りなどのサポートが入ってきます。
また、従業員ともベクトルを合わせていかなければならないし、従業員自体の意識改革・教育などをサポートしていきます。
そして・・・
昔ながらの会社の「とにかく頑張って働いて、利益を出す」などの20世紀型の思考から、「どのようにシステムを構築して、キャッシュを流していくか」などの21世紀型の思考にシフトさせていきます。
これは、企業にとって大きな変革でもあります。
ですので、社長だけでなく、従業員すべての人に対するサポートが必要になってくるのです。

今ある中小企業の50%以上は、毎月の資金繰りにお腹を痛めながら、毎年毎年成長もなく、ただ走り続けている企業であるといえます。
形式上の理念や方針はあるかもしれませんが、社長自身も全開で働かなければキャッシュが回らないような資金繰りの会社がほとんどなのです。
いわゆる、企業版ラットレースです。

私は税理士事務所勤務時代に、このような会社をたくさん見てきました。
このような会社は毎年毎年同じことを繰り返し、計画も甘く、数字にも弱いのが傾向でした。
そして、10年に何社かは潰れていくのでした・・・。

今、企業は大きく思想を変えていかないと生き残れない時代です。
バブルの時代に勢いで儲かってしまった、ブームだけの会社はもう時間の問題といえるでしょう。
企業は、いろいろな問題について考えていかなければならなくなってきたのです。

そして個人だけでなく、企業においても、その存在意義が問われています。
つまり、経営理念やミッション・ビジョンという部分です。
形式上のものではなく、本物の経営理念です。
そして、事業計画や資金繰りの考え方も21世紀型に変えていかなければ、いつまで経っても企業版ラットレースの中を走り続けることになってしまうのです。

企業向けファイナンシャルコーチングは、そのような21世型思想に会社をシストさせていくのをサポートするサービスです。
経営理念から始まり、従業員の意識改革・教育まですべて含めた全体に対するサポートなのです。

今年は、このような法人向けのサービスもチャンスがあればどんどん展開していきたいと思っています。
会社自体がしっかりと21世紀型に対応できて初めて、そこで一生懸命に働いている従業員1人1人の夢・目的も叶うようになり、みんなが幸せなっていくのです。

そんな会社がどんどん増えていけば、もっともっと日本は元気になっていくのでしょう♪

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
今のランキング順位は?

「夢」を頭の中で描きながらクリックすると、ワクワク度アップ!
いつも読んでくれてありがとう!!