☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

相乗効果・シナジーという言葉があります。

みなさんは、相乗効果・シナジーを生み出しているでしょうか?
日常生活の中で、誰かと相乗効果・シナジーを創り出しているでしょうか?

相乗効果は、私たちの人生において最高レベルの活動といえます。
それは単なる「協力」という言葉で表わす程度のものではなく、自立した人間が高いコミュニケーション能力などを兼ね備え、そのすべての集大成として新たに生み出されるものと言っていいでしょう。

その生み出されるものは、まさに奇跡であり、まったく新しい第三案が生み出され、今まで想像もしなかったようなまったく新しいものが生まれるのです。

では、相乗効果とは何でしょうか?

相乗効果とは、簡単に言うと「1+1=3・5・100」ということです。
「1」は、ひとつの構成要素としてはいつでも「1」です。
しかし、この「1」が集まると、その効果は単純に「2」ではなく、「3」にも「5」にも「100」にもなることを、相乗効果といいます。
それぞれが単体ではなく、触媒的な役割を果たし、効果を倍増させていくのです。
この相乗効果は、ビジネスだと非常にわかりやすいです。
あるビジネスを1人で頑張ってやっている人がいます。
そこにまったく違う能力を持った別の人が新たに参加することになりました。
1人でやっているときは、100万円しか稼げなかったとします。

それが、まったく違う能力を持った人の強みを認め、しっかりとコミュニケーションをし、お互いの強みを発揮して、ビジネスを展開したら、どんなに頑張っても100万円しか稼げなかったものが、あっという間に1000万円稼いでしまったのです。
まさに相乗効果であり、まったく新しい結果であり、可能性の創造なのです。

このように、相乗効果は相違点に価値を置き、それをしっかりと尊重し、強みを伸ばし、弱さを補完することなのです。
学校教育で今まで教えてきたことや、一般的な考え方とは大きく違います。
「みんなと一緒でなければならない」「みんなと同じでなければならない」ではなく、それぞれがまったく違うことに価値を置くし、尊重もするのです。

サラリーマンが「一緒・同じ」という社会の象徴であるのに対し、ビジネスは「違い・差別化」という社会の象徴な気がします。
間違いなく21世紀である現在においては、「違い・差別化」に価値が置かれているし、それだけでなく、その「違い・差別化」から生まれる強みを組み合わせて、更なる大きな価値を生み出すことが求められています。

みなさんもそれぞれの違いに価値を置き、それぞれを尊重し、自分の強みと組み合わせて、大きな相乗効果を創り出してみませんか?

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
今のランキング順位は?

「夢」を頭の中で描きながらクリックすると、ワクワク度アップ!
いつも読んでくれてありがとう!!