☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

私たちが毎日見ている世界は、事実でしょうか・解釈でしょうか?

すべての人は世界をあるがままに見ていると思い込んでいます。
自分が見ている世界だけが事実であり、それが真実で正しいのだと思い込んでいます。

しかし実際には、世界をあるがままに見ているのではなく、自分のあるがままに見ているのです。
私たちが見ている世界は、すべて解釈であるといっていいのです。

自分だけが世界をあるがままに見ていると思い込んでいるので、他人との相違点を尊ぶ気持ちにはなりません。
なぜならそれは、「間違っている」と思い込んでいる人の話を聞いているのであり、「聞くだけ無駄である」と感じてしまうからです。

人は誰でも、自分は常に客観的であると思い込んでいるし、自分こそ世界をあるがままに見ていると思っているし、「事実」を見ていると思っているのです。
しかし、私たちが見ているのはすべて、私たち自身の解釈であり、1つの狭い世界にすぎないのです。
私たちは、そのような自分の解釈の限界を認める必要があります。
そうでなければ、効果的な相乗効果の関係を生み出すことはできないし、それどころか、効果的な自立の状態すら達成できないのです。

自分の持っている解釈の限界を素直に認め、他人の解釈に接し・受け入れることによって得られる豊かな視点を活用する謙虚さを持つ必要があるのです。
他人の持つまったく新しい視点、自分との相違点こそが、自分の中にある可能性を引き起こすものだからです。

すべての人が、相手も正しい・人生は二分法とは限らない・必ず双方にとって満足のいく第三案が存在するなどと可能性を認める必要があるのです。
そのようなあり方でコミュニケーションをとることによって、相手に精神的な空気を与え、お互いのブレーキを解除することができ、相乗効果が生み出されるのです。

この「気づき」をたくさんの人に伝えたいと思っています。
今日の内容がお役に立てたのであれば、クリックお願いします!
今のランキング順位は?

「夢」を頭の中で描きながらクリックすると、ワクワク度アップ!
いつも読んでくれてありがとう!!