☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

私たちは、親や先生から「一生懸命に働いて、お金を貯めることは大事だ」と教え込まれてきました。
これは、確かに大事なことだし、正しいことだと思います。

しかしそれと同時に、「一生懸命に働いて、お金を貯めるだけでいい」という風に解釈しているような気がします。

今までのように国や企業がしっかりと守ってくれていた時代であるならば、これだけでよかったかもしれませんが、明らかに時代は変わってきています。
少子高齢化などの社会変化により、年金や健康保険の財政は圧迫しており、企業でも雇用制度や給与制度の変更や退職金制度の変更なども起こってきています。

そんな中、「一生懸命に働いて、お金を貯めるだけでいい」という風な解釈はさまざまな弊害を生み出しているような気がします。
最近騒がれているような、格差問題が出てくるのも、このような解釈が原因の1つのような気がします。

では何故、一生懸命に働いてお金を貯めるだけではなく、別のプランを見つけることを勧めるのか?
その辺をじっくりと考えていきたいと思います。
1つめの理由は、新しいことを学ぶ意欲の低下です。
「一生懸命に働いて、お金を貯めるだけでいい」という風な解釈によって、時代に応じて出てくる新しいことを学ぶことから逃避している人たちが多くいます。

自分は一生懸命働いているのだから、そんなことは学ばなくてもいいというような「言い訳」を作り出してしまうのです。
その結果、時代の変化について来れず、ますますいろいろな面で格差が広がってくるのです。

無知は罪でもあります。
知っておくべき大事なことを知らないことで、大きな損をしていることが山ほどあるのです。

2つめの理由は、物事の裏側を見ようとすらしなくなることです。
1つの解釈が正しいと思い込んでいる限り、他のものはすべて否定します。
そうすることで、その裏側にある真実が見えなくなっている場合が多くあります。
自分の目で確かめてもいないのに、今までの解釈で確かめようとしない人があまりにも多いのです。

3つ目の理由は、税金です。
あなたがただ一生懸命働いているだけであるならば、国はあなたの給料から先に税金を取ります。
あなたが一生懸命働けば働くほど、国もあなたの給料から一生懸命!?税金を取ります。

あるいは、あなたが貯金をすればするほど、そこから生まれる利子も税金やインフレに食いつぶされていくのです。

その他さまざまな理由がありますが、明らかに時代の変化と共に、一生懸命働く・貯金をする以外の別のプランを見つけておくことが大事になってきているような気がします。

そろそろあなたも一緒に、これからについて真剣に考えてみませんか?

今のランキング順位は?

こちらでも、ここでは書けない限定の気づきをシェアしています♪
是非、見に来て下さいね!