「人気blogランキング」に登録しています。
「1日1クリック」にご協力お願いします♪今日の順位は?

前回の「ファイナンシャルコーチングって何?」のつづきです。

誤解を生じさせないように、あえて「ファイナンシャルコーチング」を「ファイナンシャルプランナー(FP)」や「コーチ」と区別した理由は、間違ったイメージ・解釈を払拭するためです。


あなたは「ファイナンシャルプランナー(FP)」と聞くと、どういう人たちを思い浮かべますか?

生命保険や損害保険を売る、保険屋さん?
投資信託や住宅ローンや保険を売る、銀行員?
投資信託などの金融商品を売る、証券マン?
住宅や不動産を売る、不動産会社の人?

そう、現在FPと名乗っている人は約13万人いると言われ、そのほとんどが保険・金融・住宅関係の営業マンの方々です。

なので「FP=営業マン」というイメージが非常に強く、お金について何でも気軽に相談できる中立的な専門家というよりは、「何かを売られるのではないか」と不安に思われているのです。

しかし・・・
すべての「ファイナンシャルプランナー(FP)」が、何かの営業マンかというとそうではなく、一部の方は中立的な専門家「独立FP」として純粋にファイナンシャルプランニングサービスを提供しています。

しかし現実的には、個人のお客様が「ファイナンシャルプランナー(FP)」という専門家に、しっかりとお金を払ってサービスを受けることは、まだまだ少ない状況といえます。

また、「ファイナンシャルプランナー(FP)」として独立して、中立的な立場で相談に応じられるような、しっかりとした実務のできるFPもあまりいないのが実情です。

このような状況の中でも、一部の「ファイナンシャルプランナー(FP)」は、「商品」を売ることが目的ではなく、「プラン」を売ることでお客様からお金をいただく専門家として頑張っているのです。


では、このような一部の「独立FP」と「ファイナンシャルコーチ」の違いは何でしょうか?

ここにも決定的に大きな違いがあります。
この辺の違いは、「ファイナンシャルコーチング」の目的やこれからの内容を通して、少しずつ明確にイメージできればと思います。


「ファイナンシャルコーチング」には目的があります。

それは、「コーチングをベースにお客様の夢や目的の達成をサポートすること」です。
そして、そのための手段として、「ライフプラン」をベースに「ファイナンシャルプラン」の作成や各種情報提供などを行ないながら、継続的に行動をサポートしていきます。


つまり、「ファイナンシャルコーチ」とは一言で言うと、「お客様の夢・目的の達成をサポートする専門家」なのです。
ただ夢や目標を明確にしてあげるだけでなく、お金についての相談を受けるだけでなく、短期的に提案書などを作ってあげるようなコンサルタントではないのです。


今日のランキング順位は?