「人気blogランキング」に登録しています。
「1日1クリック」にご協力お願いします♪今日の順位は?


みなさん、明けましておめでとうございます☆(←だいぶ遅いですが・・・)

年末からず〜っとバタバタしていて、気づいたら年が明けていて正月気分を味わえなかった「言葉のファンタジスタ」こと、かずです♪

もっとお雑煮が食べたかったぁ(涙)


と、そんな状態はまだまだ続いてますが、何とか自分にムチを打ちながら、今年もいろいろな視点から情報を発信していきたいと思いますので、みなさまどうぞよろしくお願いします♪


さて、新年一発目のテーマは「自分が心がけているマナー」です。

特に「何がマナーなのか」を体系だって学んだことはありませんが、私が普段、人と接する時に心がけていることを今日はお話したいと思います。


<ふぁんたのマナー語録>

無理やり自分のモノを入れようとするな!
まずは相手のモノを出して、気持ちよくさせてから、自分のモノを入れよ!!

by 言葉のファンタジスタ



私は、さまざまな場面でこの語録を思い出したりします。

「まさにその時」にこのように出来れば、その結果はとても気持ちいいものになります。

しかし、それが頭でわかっていても、たいがいは後になってから気づくことが多いのが現状なのですが・・・。


人は生きている限り、いろいろなことについて考えたり、悩んだり、迷ったりします。

もちろん一人で解決できる場合もありますが、どんなに考えても・悩んでも・迷っても一人ではどうしても解決できない時もあります。

そんな時、人は誰でも自分の考えや悩みや迷いを身近な信頼できる人に相談したりします。


『あなたは、人から考えや悩みや迷いを相談された時、どうしていますか?』


私はこのような時に、先ほどの語録を心がけるようにしています。

なぜなら、人というのは相手のことを思うばっかりに、相手のことを100%聞かないうちに・受け止めないうちに、自分の考えや意見・答えなどを言ってしまいがちだからです。


たいがい相手のモノがすべて出るには、相当の時間がかかります。

その時間を無視して、思うがままに無理やり自分のモノを入れても、相手は決して受け取れないのです。

相手が自分の心にしっかりとアクセスし、自分の言葉で今の状況を語り・理解した後でないと、他のモノは何ひとつ意味がないのです。

相手にたくさんのモノが詰まったままであれば、新しいモノが入れるスペースなどないのですから・・・


またそれとは逆に、自分のモノを入れられないというのもあります。

つまり、相手が自分の心にしっかりとアクセスでき、今の状況を理解でき、すべてのモノが出た後に、自分の伝えるべきことを勇気を持って伝えられないということです。

これは、必要ない時もあると思いますが、基本的には「自分が感じていること・思っていることは、言いにくいことでも相手にしっかりと伝えていく」ということがとても大切な気がするのです。


しっかりと出し、気持ちよくさせたならば、その後はしっかりと入れる!

私は、この2つのプロセスとその順番をいつも心がけながら、相手に接するようにしているです。


もしあなたが人から相談される機会などがあったら、是非この語録を思い出して、相手の相談に乗ってみて下さい。

しっくりと出来た時は、経験したことのないような気持ちよさを感じることができるはずです・・・


今日のランキング順位は?