カテゴリ: FPの気づき

僕のブログは、現在何位でしょう?

何回かに分けて、ファイナンシャルプランナー(FP)についてお話してきました。
今日はファイナンシャルコーチとして、僕なりの「ライフプランのバランス」というテーマでお話したいと思います。

まず、「みなさんは将来に対してどのように考えていますか?」

ここで、「何も考えていない」という方はちょっと立ち止まって考えてみて欲しいと思います。
なぜなら、これからの時代はおそらく、「何となく」ではいろいろな困難を乗り越えられないような時代になると思うからです。

年金や健康保険の財政・税金などの国に対するものや、リストラや能力主義の導入・給与体系や退職金制度の変更・海外移転などの会社に対するものなど、
今まで自分たちに、ある種安心を与えてくれた環境はめまぐるしく変わってきています。
このような変化の中で、すべての人が将来を見据えて自助努力ですべき行動が必要になってきているからです。

自分の親や自分よりも年配の方と同じような将来の環境はおそらく望めないでしょう。そして、彼らと同じようなお金に対する考え方、行動、働き方、ライフスタイルなどのままでは、この21世紀に対応できなくなる可能性があると思います。

彼らの20世紀のライフスタイルとは・・・続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

昨日お話した「FPと資産形成」のつづきです。

銀行・証券会社・保険会社などが金融商品を売るのは当然です。それは商売ですから。そして、ここでの問題というのは、これらの卸売り業者には「商品を売らない」という選択肢がないところです。
つまり、その人にとって本当は必要ではない、あるいは最適ではない商品であっても、「売る」というのが前提だということです。

以前にもお話したと思いますが、保険の乗合代理店で複数の保険を扱っていて一見中立のようなイメージになりますが、「保険を売る」ということが前提にある限り、「最適な金融商品を提案する」あるいは「必要でないということを提案する」ことはなかなかできないのです。

この「商品を売らなければならない」という前提にとらわれないのが、独立FPのなのだと思います。
そして・・・続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

今日は「FPと資産形成」というテーマでお話したいと思います。

ここ最近ですが、少しずつお金に対する意識が変わってきた気がします。
数年前までは銀行預金にお金を預けておいて、生命保険を何となく言われるがままに加入し、とにかく毎日仕事をするというのが当たり前でした。
それがここ数年で大きく変わってきています。

社会の大きな変化を個人ひとりひとりが感じ取り、自立・自己責任を感じ始めています。もちろん、まだのんびり何もしないで、何とかなると思っている方も多くいますが・・・。

本やセミナーでも、株式投資や資産運用、不動産投資、起業や副業の内容が多く、盛り上がりをみせています。
そして、銀行や証券会社、保険会社も個人の金融資産をつかもうと、セミナーを開いたり、相談窓口を設けたり、広告宣伝を積極的にしたりしています。

そのような状況の中、FPはどのようなサポートができるのでしょうか?
個人や法人の資産形成においてFPができることは何なのでしょうか?

FPは非常に重要な役割を果たすことができます。
それは・・・続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

昨日お話した「FPと住宅取得相談」のつづきです。
最後に「どのような家に住みたいですか?」という質問をしました。
みなさんはどんな家が頭に思い浮かんだでしょうか?

一軒家でしたか?マンションでしたか?
近くには山がありますか?海がありますか?
何階建てで、何色の家ですか?
周りには他にどんなものがありますか?

ひとりひとりがみんな違った家を描いているはずです。
それを頭に浮かべたあなたは、どこか幸せな気持ちになりませんでしたか?
何だかニヤニヤとした顔をしてませんか?(笑)

このようなことを大切にするのが『ライフプラン』なのです。
そこにあるのは、「幸せ」「笑顔」「心の穏やかさ」などのものだけです。

僕のライフプランの中にも住宅取得があります。そして、「どんな家に住みたいか」も具体的にあります。今日はちょっとシェアしてみようと思います♪
僕の将来のおうちは・・・続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

今日は「FPと住宅取得相談」というテーマでお話したいと思います。

ここ最近、マンション建設ブームで都内近郊にたくさんのマンションが出来てきています。そして、その価格も今が買い時というような流れで、即完売というところもあるようです。

FPへの相談も住宅取得相談は、保険の設計・見直しについで多い相談です。
以前に現実という枠というテーマで、ある若い夫婦の住宅取得相談についてお話をしました。

ここでお話したように、「家が欲しい」と考えた時、ほとんどの方が現在の収入や資産状況から考えて買えそうなところで判断します。
ある程度、手の届きそうな物件の価格を決めて、マンションしか無理そうだからマンションにしようだとか、場所はこの辺じゃないと無理だからこの辺のマンションにしようだとかという決め方です。
はたしてそれが本当に住みたい家なのでしょうか?続きを読む

↑このページのトップヘ