カテゴリ: FPの気づき

僕のブログは、現在何位でしょう?

何回かに分けて保険についてお話してきました。
今日は、「保険を見極める!」というテーマでお話したいと思います。

結局のところ「保険を設計・見直ししたい時には、どうすればいいのか?」ということについて、ひとつの実体験を通してお話していきます。
僕は自分自身、保険を何度か見直しました。また、職業柄たくさんの保険を扱う人(保険屋さん)に出会います。
ここで感じたのは、最終的には「人」だということです。

僕が最初に保険を見直したのは、母が勝手に親戚のおばちゃんから進められて入った保険の見直しです。ちょうど見直しを考えていた時に、知り合いの友達が外資系保険会社に就職したということもあり、その友達の話をいろいろ聞き、いいと判断した上で見直しをしました。

保険の種類は僕のライフプランにとってぴったりだったし、その友達もいい人だと思っていたので、いい見直しをしたなぁと思っていました。
が!実はこの見直しは大失敗だったのです・・・。

それは・・・続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

今日も「FPと保険見直し」というテーマでお話したいと思います。

まず保険屋さんと独立FPの違いを簡単にお話します。
それは、目的の違いです。

保険屋さんの最終目的は、商品(保険)を売ることです。
これが売れなければ、自分の収入にはまったく結びつきません。
説明したり・雑談に付き合ったり・手土産を持っていったりする時間や労力は、すべてお客様との信用をつくり、最終的に保険を買ってもらうというところがあってこそ成り立つのです。

それでなければ、無料で保険について説明してくれて、あなたの家族のこと考えてファイナンシャルプランを作ってあげることなど、ビジネスとしては出来ません。
保険を売るためにファイナンシャルプランというツールを利用するし、ファイナンシャルプランナーとして名乗るのです。

では、独立FPはどういう目的で保険を扱うのでしょうか?
ここで独立FPと言っているのは、FPでも保険代理店をやっている人たちがいるので、そうではないFPを指すこととします。続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

今日は「FPと保険見直し」というテーマでお話したいと思います。

ここ最近の流れとして、雑誌等の影響もあり保険見直しがブームになっています。雑誌などでFPが無駄な保険料をカットだとか、外資系の保険営業マンなどが保険見直ししませんかと営業をかけているからです。

このように「保険」というテーマは誰にとっても身近な話題ですので、FPと関連付けながらお話していこうと思います。

まず、みなさんに簡単な!?質問です。

あなたは何故その内容の保険に入っているのですか?
何でその保険会社にしたのですか?
何でその保障額が必要なのですか?
これからもずっとその保障が必要なのですか?

実は、このような質問にしっかりと答えられる方は非常に少ないです。
「コンサルティング営業」という名で、外資系保険営業マンに説明を受けたにもかかわらず、その保険が本当のところ自分にとって必要なのかわかっていないのです。昼飯や夜の飲み代をちょっと我慢しながら頑張っているサラリーマンのお金は、必要なのかわからない将来の漠然とした不安のために使われているのです。何とも寂しいことです。続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

今日は、ファイナンシャルプランナーの実情についてお話していきたいと思います。

「ファイナンシャルプランナー」の資格としては、AFP・CFPという資格が一般的です。まず、AFPという資格を取り、その上級資格としてCFPという資格があります。
試験の内容は、金融・保険・ライフプラン&リタイアメント・不動産・税金・相続などです。いわゆる広く浅く勉強するという感じです。

このような勉強をして資格を取るわけですが、ではそもそもファイナンシャルプランナーとは何のプロなんでしょうか?
「金融」なら銀行や証券会社の人がプロだし、「保険」なら保険会社の人がプロだし、税金・相続なら税理士がプロだし、年金なら社会保険労務士がプロなわけです。では、FPは何をするプロなのでしょう?

プロフェッショナルな専門家ではなく、FPに相談する目的は何でしょうか?
無料あるいは安そうだから?財テクを教えてくれそうだから?お手軽そうだから?続きを読む

僕のブログは、現在何位でしょう?

今日はファイナンシャルプランナー(FP)についてお話したいと思います。

僕がファイナンシャルプランナーの勉強をしようと思ったきっかけは、税理士の実務上でお客様から何でも聞かれる立場だったからです。
税理士は以前にも書いたように「税務の専門家」ではありますが、他の分野についてはほぼ素人です。しかし、会社というのはいろいろな問題や義務などがあるため、そのようなものにも対処しなければならないのです。

ただ通常、中小企業と呼ばれる会社に密接に信頼関係を築いているのは税理士なので、社長とかはまず税理士に意見や知恵を求めてくるのです。

ちょうどコーチングの勉強も落ち着いた時期だったので、僕はAFPというファイナンシャルプランナーの勉強をすることにしたのです。

では、そもそも「ファイナンシャルプランナー」という仕事は、何をする人たちなのでしょうか?みなさんはどんな仕事だと思っていますか?

続きを読む

↑このページのトップヘ