カテゴリ: 税理士の気づき

僕のブログは、現在何位でしょう?

前回まで税理士について簡単にお話してきました。
そして今日は、税理士という枠を破り、なぜファイナンシャルコーチなのかをお話したいと思います。

何度もお伝えしたとおり、税理士は「税務のプロフェッショナル」です。そしてその業務も非常に多忙で、やることはたくさんあります。
さらに税理士の特徴として自営業的発想ですから、頼まれたことは何でもやってしまうという傾向があります。
つまり、他のプロフェッショナルの力を借りるよりも、自分でやれそうなことは自分でやるという発想なのです。

お客様は税務以外のことも何でも税理士に聞いてきます。社会保険、契約関係、経営、経済、雇用、金融などなど・・・。税理士はそれを何かしらで調べて答えます。でもそこで伝える内容よりも、その各分野のプロフェッショナルの力を借りて伝える内容の方がお客様にとってはメリットがあるのではないかと僕は考えています。

そして、僕は税理士の枠を超えて、さらに中小企業や個人事業主の夢・目的の達成をサポートするため、ファイナンシャルコーチングを提供するのです。
それは・・・続きを読む

今日は税理士の視点から見て感じていたことをシェアしたいと思います。
それは中小企業オーナー・個人事業主の財務に対する意識の低さです。

税理士は中小企業にとって税務のプロであると同時に、財務を指導し説明するプロでもあります。会社の毎月の損益の状況やキャッシュフローについて説明したりします。
税理士は現状の財務状況を経営者に説明し、今後の事業計画に役立ててもらうために毎月の状況を報告したりするのです。

しかし実際には、このようなことに重きを置いている中小企業オーナー・個人事業主は少ないといえます。それは直接収入とは結びつかない「財務・会計」よりも、直接収入に結びつく「営業」の方で頭がいっぱいだからです。

またもうひとつ興味を持てない大きな問題があります。
それは・・・続きを読む

今日は税理士の仕事の性質についてお話したいと思います。

前回もお話しましたが、税理士の仕事は主に申告書作成・税務相談・会計指導(記帳代行)です。このうち、申告書作成・会計指導(記帳代行)というのは「過去の処理」がメインの仕事です。

会社は日々の活動を簿記をいうものを使って仕訳していき、帳簿をつけていきます。税理士はこの帳簿がちゃんと正しくできているのかを確認します。
そして、その帳簿から決算書というものをつくり、申告書を作り、税務署等に提出します。これらの業務をサポートしてあげるのが税理士です。
どの作業も会社の過去の状況をまとめるようなものなので、税理士は「過去の処理」メインと書きました。そして、その専門家なのです。

そうはいいながらも実際は、コンサルティングという名の経営指導や事業計画のサポートなどもやったりします。つまり、「未来に対する仕事」です。
ただ、僕はここには何個か問題があると思っています。
それは・・・続きを読む

今日は税理士の世界のお話をしたいと思います。
大学卒業後、8月までは税理士試験の勉強に集中し、9月から税理士事務所に就職することになりました。

みなさんは税理士事務所というと、どういうイメージを持っていますか?
どんな人達がいて、どういう仕事をしていて、どういう風に人の役に立っているのか?

税理士の仕事は主に、申告書作成・税務相談・会計指導(記帳代行)などです。申告書作成・税務相談などは税理士の独占業務であるため、有償・無償に関わらず、税理士でない者はできないということになっています。
もちろんファイナンシャルプランナーや他の士業が税金に関わる直接的な相談等を受けることもできません。

ただし・・・続きを読む

↑このページのトップヘ