カテゴリ: 「7つの習慣」の気づき

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

今日は、Win−Winの関係に必要な「関係づくり」についてお話したいと思います。

「関係づくり」において理想的なのは、双方がお互いに高い信頼残高を持ち、Win−Winを決意している関係です。
このような関係づくりができていれば、大きな相乗効果を生み出すことができます。

しかし、実際はそうでない場合が多いといえます。

たとえば、Win−Loseを考える人と接する時でも、関係づくりがポイントになります。
フォーカスを置かなければならないところは、自分自身の影響の輪です。

誠意を込めて礼儀を尽くし、相手とその意見に敬意を示すことによって、信頼残高の預け入れをします。
特にコミュニケーションのプロセスにより多くの時間をかけなければなりません。
相手の話をさらによく聞き、深く理解しようとしなければなりません。
そして、より大きな勇気を持って自分の立場を表現するのです。

続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

「人間関係の6つのパラダイム」において、「Win−Win」であることの大切さについてお伝えしました。
しかし現実的には、なかなか「Win−Win」を選択していくことは難しいと思います。なぜなら、高い人格が要求されるからです。

今日は、Win−Winの関係に必要な3つの「人格」の要素についてお話したいと思います。

1.誠実であること
誠実であるためには、自分のミッション・価値観を明確にし、日常生活においてそれに基づいて主体的に計画し、実行していくことが必要です。
つまり、有意義な「決意と約束」(コミットメント)をし、それを守る力を身につけていくことが大切なのです。

これは言葉で聞くと簡単ですが、非常に高い人格が求められます。
「当たり前のこと(自分にとって重要なこと)を当たり前にやり続ける。」
これができれば、を叶えることも非常に簡単です。
私たちは、これをするのがイヤだから安易で楽なものを選択してしまうのです。

このことを可能にするための有効的な手段として、ライフプランタイムマネジメント手帳の活用コーチの存在があります。
これらすべてがしっかりしていれば、誠実であり続けることができますし、も必ず叶います!続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

「人間関係の6つのパラダイム」のつづきで、「Lose−Lose」「Win」「Win−WinまたはNo Deal」についてお話していきたいと思います。

4.Lose−Lose
Lose−Loseとは、両方ともが負けるというパラダイムです。
相手を負かすためなら、たとえ自分が負けようとも構わないと考えます。
それは、敵を自分の生活の中心におき、その人の行動に取りつかれて、とにかく相手を負かしたい一心で、他のものが何も見えなくなってしまうからです。

Win−Loseを考えている人同士(頑固で、自己中)がぶつかると、Lose−Loseになりがちです。

5.Win
Winとは、単にWinを考えるパラダイムです。
これは、必ずしも相手に負けて欲しいと考えているわけではなく、大切なのは自分が欲しい結果を確保することだけと考えるものです。

私たちの多くが、競争や争いの意識ない時に出てくるパラダイムといえます。
自分の目的を達成することだけを考え、他の人が目的を達成できるかどうかはどちらでもよいと考えるものです。続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

「人間関係の6つのパラダイム」というテーマで、「Win−Win」「Win−Lose」「Lose−Win」「Lose−Lose」「Win」「Win−WinまたはNo Deal」についてお話していきたいと思います。

1.Win−Win
Win−Winとは、人生を競争ではなく、協力する舞台とみるパラダイムです。

ほとんどの人は人生を、強い・弱い、厳しい・甘い、勝つ・負ける、食う・食われるといった「二分法」で考えています。それは、力関係や地位などに基づいているからです。

これに対して、Win−Winの考え方は、全員を満足させるに十分な結果があるはずだというパラダイムであり、ある人の成功は、他人の成功を犠牲にしなくても達成できるというパラダイムなのです。

つまり、Win−Winとは、当初それぞれが持っていた案ではなく、まったく新しい第三案の存在を信じることであり、相手や自分の考え方に限定される必要はなく、より良い方法があるはずだと確信することなのです。続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

目標に向かって努力し行動していく中で、さまざまな問題や障害にぶち当たります。
ほとんどの場合、この問題や障害は邪魔なものと考えられ、ただひたすら消えてなくなってくれることを望みます。

ほとんどの人は、問題や障害なんてできれば起こって欲しくないと思っているはずです。
なぜなら、それについて対処するために、いろいろ考えなければならないし、努力・行動をしなければならないからです。
考えることは最も大変な作業ですし、努力・行動をすることもたくさんのエネルギーを使うことだからです。

しかし、それは幸せになる人の考え方ではありません。成功者がする考え方ではありません。
問題や障害は自分が成長するために与えられたチャンスなのです。

私もビジネスをしていく中で、さまざまな問題や障害にぶち当たっています。
ひとつ乗り越えれば、また別の問題や障害が現れてきます。
そしてまた乗り越え、また別の問題や障害が現れます・・・。
この繰り返しです。

これに対して、どのように解釈し、対処するのか・考えていくのかが非常に重要です。
これによって、人生の質・方向性・満足度などが大きく変わってくるからです。

では、どのように解釈し、捉えればいいのでしょうか?続きを読む

↑このページのトップヘ