カテゴリ: メンターからの気づき

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

モチベーション・・・。
言葉としてはよく聞く言葉であるし、みんな大切なものであると思っています。
しかし、その性質や取り扱いについては意外に理解していない人が多いと思います。

モチベーションを与えられたら、誰だって一時的には「やってやるぞ〜」という気になります。
しかし、その「やってやるぞ〜」という気持ちは時間とともに萎えていきます。そして、特に年齢が上がるほどモチベーションが萎えるまでの時間は早くなります。

セミナーなどに参加するとよくわかります。
いいセミナーに参加し、カリスマ的な講師にエンロールされると、誰だって一時的にはモチベーションが上がります。
そして、新たな自分や最高の自分になったような錯覚に陥ります。

モチベーションを上げることはそんなに難しいことではないし、それを上げるための手段も山ほどあります。
しかし、その「やってやるぞ〜」というモチベーションが時間とともに萎えていくことを意識している人は多くありません。
そして、モチベーションを上げることが、目的ではなく手段であるという認識がある人も多くはありません。続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

「あなたのは何ですか?」

みなさんは、自分のを素直に語ることができるでしょうか?

こんなに物がたくさんあって、教育も受けれる裕福な日本という国に生まれながら、や希望に満ちた未来をまったく語ることができない人が多いのは何故でしょうか?

なんてない」「なんて恥ずかしい」「なんてどうせ叶わないし、なくたって生きていける」などとスマートに人生を送ろうとしている人が多いのは何故でしょうか?

私も昔は同じようにスマートな人生を送ろうとしていたのかもしれません。
がなく、こぢんまりとまとまってしまうような、いわゆる「平凡」という人生です。
もしそのままだったら、私は確実に後悔していたでしょう。
死ぬ前に、「自分は何のために生まれてきたのだろう?」という疑問を抱きながら・・・。


続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

まず、若者たちにそれぞれ自分の使命(つまり生まれてきた理由、この一回限りの人生で果たすべき役割)を早く正しく自覚してほしいと願っている。
そのために、渡邉は、決して特定の答を押しつけようとはせずに、広く社会を知り、深く自分を探求したうえで若者が自分で使命を発見できるように指導する。
人間は、ひとたび自分が本心から求めて止まない目標を持つと、それを達成するための努力は、それがどんなに厳しくても楽しみに変わり、自らの能力を伸ばすことができる。
(「さあ、学校をはじめよう」渡邉美樹著・序文より抜粋)

みなさんは、自分の使命、生まれてきた理由、この一回限りの人生で果たすべき役割が何なのか自覚していますか?

特定の答を押しつけたり、小さな枠に当てはめたりするのではなく、自由に自分の使命を探求するように促してくれたり、サポートしてくれたりする機会がありましたか?

今まで受けてきた教育の中で、このようなことを考えるきっかけがあったでしょうか?

続きを読む

↑このページのトップヘ