カテゴリ: 「金持ち父さん」の教え(実践編)

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

あなたが見ている世界は、どちらですか?

「お金が充分にない世界」or「お金がありあまっている世界」

あなたのこの答えを聞くだけで、あなたが現在どのような経済状態にいるか、そしてこれからの未来、あなたがどんな経済状態になっていくのかがわかります。
なぜなら、考え方・言葉が世界を創っており、そしてこれからも同じようにその考え方・言葉が世界を創っていくからです。

「お金が充分にない世界」にいる人は、「私にはそれを買うお金はない」「お金があったら・・・」などといった言葉をよく使います。

これに対して、「お金がありあまっている世界」にいる人は、「どうやったらそれを買えるようになるだろうか?」などといった言葉を使います。

このように言葉を聞けばその人の世界がわかり、今の経済状態がわかり、未来の経済状態もわかるのです。
お金は単に考え方に過ぎず、その考え方は言葉に反映されるのです。

では、お金を充分にするにはどうすればいいのか?
それは・・・続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

よくこのような言葉を聞くことがあります。
「金持ちになるよりも幸せでいた方がいい」と。

この言葉には不思議なところがあります。
それは、金持ちになることと幸せになることのいずれか一方を選択しなければならないと思っているところです。

これに対し、「金持ち父さん貧乏父さん」の著者のロバート・キヨサキは、このように言っています。
「私は金持ちだった時も貧乏だった時も、幸せと不幸の両方を経験した。」と。

普通の人がよく言いがちな「金持ちになるよりも幸せでいた方がいい」という言葉は、わかりやすくいうと「金持ちになるよりも、むしろ一時の安心と快適さを感じていたい」ということなのです。

なぜなら、そういう人たちは、不安や不快を感じると幸せになることができないからです。
これに対し、金持ちの人たちは、金持ちになるためなら喜んで一時の不安や不快を引き受けようと思っているのです。続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

みなさんは、今何かしら投資をしているでしょうか?
しているとしたら、何故その投資をしているのですか?

人が投資するには、3つの選択肢があるそうです。
1.安心していられること
2.快適であること
3.金持ちであること

みなさんは、どれに当てはまりますか?
「安心していられること」ですか?「快適であること」ですか?「金持ちであること」ですか?

この選択肢によって、あなたの未来の経済状況がわかります。
つまり、何のために投資をしているかということがわかれば、その人のお金に対する考え方がわかるということです。

この3つの選択肢は、どれも重要な投資目的です。
この選択肢の中でどの選択肢に優先順位をつけるかで、人生における経済状況の違いが生まれてきます。
そして・・・続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

「お金はきみが望む通りのものになる」
つまり、お金は私たちの頭、私たちの考えから生まれるということです。

富の土台を築くためには、ある程度時間がかかります。
そのために、まず私たちは頭と心の準備、つまり自分自身をコントロールすることから始めなければなりません。

私たちは、自分が金持ちになるか、貧乏になるか、中流になるかを自分の頭と心で選びます。
そして、その決定は非常に重要な意味を持っています。

なぜなら、将来の経済状態についてあなたがどの道(金持ちだろうが、貧乏だろうが、中流だろうが)を選んだとしても、その決定を下した時に、あなたの人生のすべてが決まるからです。

私たちはこの選択を無意識のうちにしています。
今あなたが金持ちであるならば、あなたは金持ちという道を自分の頭と心で選んだのです。
今あなたが貧乏であるならば、あなたは貧乏という道を自分の頭と心で選んだのです。
今あなたが中流であるならば、あなたは中流という道を自分の頭と心で選んだのです。
ただそれだけのことなのです。続きを読む

ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

時代の移り変わりの持つエネルギーは、本当にすごいと思います。
産業時代から情報時代へ、20世紀から21世紀へという変化により、ビル・ゲイツなどの若い経営者が若くして莫大な富を得るようなことが自然に起きているのです。

しかしその一方では、50歳になっても、60歳になっても仕事を失わないようにと四苦八苦している人もたくさんいます。
今後これがますます進行し、貧富の差が拡大してくるのです。

今のような時代の移り変わりの激しい時期に、タイミングの合ったアイデアを生み出せた人がいれば、信じられないくらい素晴らしい結果がもたらされるでしょう。
しかし反対に、古い考え方にしがみつき、同じような行動パターンを繰り返し反復している人は、信じられないくらいにひどく有害なものになっていくのです。

そんな時期だからこそ、自分自身がどのような考え方を持っているかを明確にすることは大切なことかもしれません。
自分自身がいつも採用している考え方や固執している考え方が、古い考え方になっていないかをしっかりと確認するのです。
そして、もしその考え方が古い考え方なのであれば、それをばっさりと捨てるのです。
続きを読む

↑このページのトップヘ