カテゴリ: 気づき

こんにちは。
今日は浪人時代に「パラダイム転換」した僕が、どんな大学生活を送っていたのか、そしてどんなことに気づいていったのかをシェアしていきたいと思います。

まず大学受験が終わり、入学式が来るまでの間、僕は大学生活をどのように過ごすかを考えました。
「自分が本当にやりたいことをやるために、今何をすることができるか?」
もちろん、大学生活を満喫するのもいいでしょう。バイトに明け暮れるのもいいでしょう。さぁ、俺は何をしようか?・・・・続きを読む

こんにちは。
前回の「自立するために決断したこと」で、ミッションステートメント・価値観を作り上げるというお話をしました。
今回は、その時の苦労話と今思うことをシェアしたいと思います。

ミッションステートメント・価値観を作り上げるという作業は、自分の内面とのコミュニケーションを図るということです。
つまり、しっかり自分のことを考える時間をとって、誰にも邪魔されない空間をつくり、自分に対して最適な質問をし、それに答えながら明確にしていく・・・。
はっきり言って、日常生活の中で自分でこのようなことをするというのは、かなり厳しい!
僕も自分で作り上げたと書きましたが、それがしっかりできていたとはまったく思っていません。

では、どうすればいいのでしょう?

実は、あとになって気づいたことがあります。
それは・・・続きを読む

こんにちは。
今日は「7つの習慣」を読んで、僕が浪人の時に決断したことについて
お話していきたいと思います。

これは第2の習慣「目的を持って始める」の中で、自分自身のミッションステートメント・価値観・目標を明確にするということを実践して、決断したことです。

僕は、自分自身のミッションステートメント・価値観・目標を作り上げるために、ファミレスに通い、何度も紙に落とし込みながら、自分なりの「大切なもの」を明確にしていきました。
この作業は今、自分がお客様に提供しているサービスの原点でもあります。

そこで僕が明確にし、決断したことはこのようなことです。続きを読む

こんにちは。
今日は、前回の「人生の転換」のつづきとして、「7つの習慣」で学び、気づかされたことについてシェアしたいと思います。

「7つの習慣」という本は、簡単に言うと成功者の持つ習慣をまとめたものです。成功者には7つの重要な習慣があって、これを身につけ、継続的に行い、自分のものとして習慣化していく結果、成功という結果に至るという流れです。

本はハードカバーで厚く、字も小さく、内容も普段聞きなれない言葉も多く出てくるので、本が嫌いな18歳の僕には一回読んだだけでは何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

でも、何度か読み返しました。時間はすごくかかりました。紙に書いて、まとめてみたりもしました。
その中で、まずその時に僕がフォーカスしようと思ったのは、第1の習慣から第3の習慣までの内容です。続きを読む

こんにちは。
今日は僕の人生にとってのひとつの大きな転機をシェアしたいと思います。
みなさんにも「人生の転機」と呼べる、大きなターニングポイントがあるのではないでしょうか?

僕の転機は大学浪人の時です。
高校は進学校でしたが、高校時代の僕は部活のバレーボールばかりで、まったくといっていいほど勉強していませんでした・・・。
成績は下から数えた方が早かったし、遅刻の数もすごいすごい!
よく卒業できたなぁと思うくらいです。
(すごく自由な雰囲気で、いい高校でした!)

高校3年の受験の時、僕は有名私立大学(W&TYU)の法学部を受験しました。もちろん結果は惨敗・・・。そのまま、大手予備校(Yゼミ)に流れていきました。

浪人中、僕はこつこつ勉強をしながら毎日を過ごしていました。そんなある日、たまたま本屋に入りウロウロしていると、ふと体が止まりました。
ちょうどビジネス書の新書コーナーの前でした。

小学校の読書感想文の宿題を放棄していたくらい、昔から本を読むことが嫌いだった僕は、ビジネス書なんて読んだことなかったし、読書自体疲れるので嫌いでした。
そんな僕がなぜか一冊の本に惹かれ、それを手に取ったのです!
その本とは・・・続きを読む

↑このページのトップヘ