カテゴリ: ビジネスでの気づき

☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

ビジネスで非常に大切なこと・・・

それは、自分の・自分の商品、サービスの「ファン」をつくることかもしれません。

自分のことを誰よりも気に入ってくれる人
自分の商品を他の物よりも気に入ってくれる人
自分のサービスを他のサービスよりも気に入ってくれる人

そんな「ファン」を少しずつつくっていくことが、非常に大切なのです。


そして、その「ファン」の存在が、今後のビジネスの行方を決定します。
なぜなら、その「ファン」の人の推薦の言葉があってこそ、自分のビジネスがたくさんの人に伝わっていくからです。

私が、私のビジネスを何度も何度も一生懸命伝えるよりも、私のビジネスを気に入ってくれてる「ファン」の方が、1回でも推薦してくれた方が、たくさんの人に信用されるのです。

たとえば・・・
続きを読む

☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

人は時に、あれもこれもすべて手に入れたいと思う時があります。

ビジネスをやっている人であれば、あまり見込客がいないのに、ひとりも逃さないようにすべての見込客に自分の商品・サービスを伝えようと・・・。

本当の友達が欲しいと思っている人は、すべてのことを相手に合わせてでも、友達になりたいと・・・。

しかしほとんどの場合、そのままでは、決していい結果は生まれないのです。


見込客は、「ひとりも逃さないようにしよう」という相手の必死さや焦りを感じ取り、対等な関係ではなくなります。
結果、ビジネスもうまくいかなくなります。

何でも合わせてくれるような人にも、本当の友達は引き寄せられません。
それを利用してやろうという、どうしようもない人間が引き寄せられるのです。

そんな時に大切なのは、手放すことです。
続きを読む

☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

ビジネスをやっていると、どうしても「売る」ということが優先されてしまいがちです。
営業マンが人と会えば、自社の商品・サービスを「売る」ことを考え、自分の利益をまず優先して考えてしまうのです。

しかし、本当にお客様との信頼関係を構築するには、売りを手放さなければなりません。

自分にとってどんなに利益があっても、お客様にとって利益がなければ、こちら側からしっかりと断ることが大切なのです。
お客様のことを思って、「売らない」と決断した時にこそ、本当に信頼されることになるのです。

そう考えると、お客様のことをしっかりと理解しないうちに、商品・サービスを勧めていること自体が矛盾に感じます。

CMや広告などで購買意欲をあおり、偏った情報だけを提供して商品・サービスを売る・・・。

そして・・・
続きを読む

☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

みなさんは、商品やサービスを購入する時に、何を基準にして判断しますか?

もちろん、判断基準はいろいろなところにあると思います。

「価格」もあるし、商品・サービスの「品質」もある。
PRなどの認知度やブランド力もある。
デザインやコンセプトなどもある。

そんな中でも特に重要なのは、やはり「信頼」ではないでしょうか?
商品やサービスへの「信頼」はもちろんですが、それを伝えてくれる人(会社・営業マンなど)の「信頼」が非常に重要な気がします。

ほとんどの場合、商品やサービスというのは、一度買ってみたり・使ってみたりしないと、良いか悪いかはわからないものです。
なので、買う前にその商品やサービスを伝えてくれる人への「信頼」がカギになります。

「信頼」がない人からどんなに素晴らしい商品やサービスを伝えれられたとしても、おそらく購入はしないと思います。

逆に・・・
続きを読む

☆ランキング第1位を目指します!みなさんの1日1回のクリックが励みになります。応援よろしくお願いします!!今日の順位は?

営業というと、どこかお客様に気に入られるように努力することというイメージがあるかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか?
お客様に気に入られようと、いつもペコペコなんでも言う通りにしていることが本当に大切なことなのでしょうか??

私は、そうではないような気がします。

実は、自分の商品・サービスに対して真剣に考えている・本当に買う気のあるお客様というのは、商品・サービス提供者から冷たくされたり、切られたりすることをすごく嫌がるのです。
だから、いろいろな話を真剣に聞くし、営業マンとも仲良くしようとします。

これに対して、真剣に考えていない・まったく買う気のないお客様というのは、態度が横柄で、聞いてやっているという姿勢をします。
そんな相手にペコペコなんでも言う通りにして、気に入られようとしても時間の無駄なのです。

これは、セミナーなどでもわかります。
続きを読む

↑このページのトップヘ